こだわりのクリーニング工程
お客様に満足していただけますよう。洗浄から仕上げまで、こだわり抜いた作業を提供します。
① 受付け
② マーキングと検品

管理の為、お客様の品物に伝票で割り振った番号タグをつけます。
その時にポケット掃除と品物に不具合等がないかの確認をします。

工場入荷
③ 検品

もう一度品物の検品をします。
ポケットの中や品物に不具合が無いかも見ますが、ボタンや付属品が洗いに耐えられるかどうかの確認とそれらに保護カバーをしたり、配色の商品は色落ちのテストをしたり、シミの有無の確認をします。

④ 仕分けとシミ抜き

品物に適した洗い(通常ドライ洗い/弱ドライ洗い/通常水洗い/弱水洗いなどなど)に分けます。
またシミ抜きでお受けした品物や検品でシミを見つけた品物はシミ抜きや前処理をします。

⑤ 品物を仕分けした通りに洗います
⑥ 洗いあがった品物を乾燥します

乾燥機は回転式ドラム乾燥機、溶剤の回収機能付き乾燥機、静止型立体乾燥機の3タイプの中から最適な乾燥を選び温度や乾燥時間を調整して乾燥します。

⑦ 品物に適した仕上げをします
ここでシミの再見分をして、残っている場合はシミ抜き工程に戻してもう一度洗い直します。

上着類:シルエットをきれいに出せる人体型整形機で仕上げます。

ズボンやスカートなど ビシッとした線をつける事も、スカートをフワッと仕上げる事もできるプレス機を導入。
熟練の者が品物に最適な仕上げをおこないます。

手仕上げ:ロイヤルでお受けした品物や機械で無理な品物は職人が手で仕上げます。

⑧ 仕上がりチェックをして包装
お店入荷
⑨ 伝票ごとに品物を確認してセット、陳列
⑩ お渡し

 

サイト内検索